閉店移転.jp

お問い合わせ

メニュー

居抜き店舗コラム

飲食店サブリース のメリットとは?

飲食店サブリースのメリット

サブリース ちょっと聞きなれない言葉です

1980年代に使われ始めた造語だと言われています。

そもそも不動産を大家さんから事業者が借り上げ、別の第三者に転貸する事業を サブリース 事業と呼びます。

その契約形式を サブリース と呼ぶことがほとんどです。これに付随して、先に大家さんから借り受ける契約をマスターリースと呼びます。

サブリースを不動産屋と相談すると「また貸し」とか「家賃の上乗せ」とかあまりいいキーワードを発せいません。

サブリースはそんなキーワードだらけなのでしょうか?
サブリースがネガティブならば世の中には浸透しません、ここでは飲食店のサブリースのメリットにポイントをあててお伝えいたします。

飲食店のサブリース契約 問題になったサブリースと何が違うのか

サブリース を転貸と聞くとなぜそんな面倒なこと

をするのかとお考えの方もおられると思います。実は大家さ、借主さんにメリットあります。

サブリース大家さんのメリット

複数の貸室を一括で借り上げるマスターリースは募集の手間が省かれると共に安定した家賃収入につながります。

また、現場のトラブルや入退室の煩わしさも サブリース 業者が大家さんに代わって解決をします。

サブリース借主さんのメリット

個人の大家さんに店舗契約を申し入れると、独立して初めてお店を出される方は後回しにされなかなかいい場所が借りられないものです。

 

独立・開業支援の弊社は、やる気にお応えできる独自の与信システムでご契約いただけるようサポートいたします。

飲食店サブリース のメリットとは?

飲食店 サブリースのメリットは

大家さんとテナントさんを仲良く、そしてお互いの事業が成功するために、
サブリース業者は居抜き店舗と不動産のプロとしての知識を最大限にいかして取り組みます。

家賃だけ上乗せしておしまい

ではなく、サブリース中も大家さんやテナントさんへどんどんアイディアを提案していきます。

飲食店サブリース(居抜き店舗)がハードならば、飲食店サブリース業者はソフトの面をサポートしてまいります。